グリーンオリーブのリュスティック


リュスティックとは「野趣的な」「田舎風の」「素朴な」という意味。また、" ほったらかしにする”という意味もあり、一次発酵が上がってきたパン生地を、丸めたり成形したりせず ただ切り分けて焼きあげます。 作る過程であまり手を加えない、さわらないで 焼き上げたパンっていうのは、のびのび膨らんで 小麦の香ばしさを感じて、しみじみ美味しいな~と思います。

 私がパン作りを勉強していたころ、初めて実習で焼いたリュスティックは 本当にシンプルなフランスパン生地のものでしたが、噛みしめるほどに美味しくて、大好きになりました。

 今回レッスンで作るのは フランスパンよりも柔らかくて誰もが食べやすい、 ソフトでもっちりとした生地のA MERRY流リュスティック。 グリーンオリーブを練りこんだ生地に 岩塩をふりかけ焼き上げます。 

生地の甘味を感じていただきながら、オリーブの塩っ気がなんとも好相性で やみつきになる美味しさ^^ 

作り方もとってももシンプルなので ぜひぜひレパートリーのひとつに加えていただきたい リュスティック、一緒に作ってみませんか? 

レッスンでは大きめのものを4個作ります。

A MERRY

芦屋の隠れ家パン教室 A MERRYのホームページ

0コメント

  • 1000 / 1000